女の人

お手頃な購入を望むなら中古マンションを選ぼう!満足度の高さを実感

マンションの処分

建物

例えば転勤や新しく住宅を建てた際には、今まで住んでいたマンションを処分する必要があります。特にマンションは所有していても税金がかかるので、引越しが決まったら早めに売却するようにしましょう。また、引っ越し以外でもマンション売却が必要なときがあります。例えば、身内が亡くなった際に故人がマンションを所有している場合はそのマンションを売却することで遺産相続をスムーズに行うことができます。不動産の場合は分割して相続することが難しいですが、現金であれば分割できるので相続しやすいです。 そのため、マンションを手っ取り早く処分したい方にマンション売却は人気があります。また、不動産会社によっては短期間で現金化してくれるところがあるので、用途に合わせて依頼すると良いでしょう。

マンション売却をする際には仲介と買取の2つの方法があります。どちらも不動産会社に依頼する点に変わりはありませんが、いずれも一長一短があるので利用する際には自分に最適な方法を選ぶ必要があります。 例えば仲介の場合は不動産会社が購入者を探してくれるので、現金化までに数か月ほどかかる特徴があります。また、仲介手数料などの負担がかかる可能性があります。ただ、買取と比較して高く売ることができるので、なるべく高い値段で現金化したい方に向いています。 一方で買取の場合は数週間から一か月ほどで現金化できるので、今すぐお金が必要な方に向いています。また、仲介手数料が必要ないので、マンション売却をする側の負担が少ないという利点があります。ただ、スピーディーに現金化できる代わりに買取額が低い傾向があるので注意が必要です。